ささぎのブログ

自分らしい暮らしを探求しています

早く出逢えば良かったと後悔したエチュードのアイシャドウブラシ

最近涙袋や目尻にほんの少し

影を作ったり、アクセントになる

色をいれたりするのですが、

個人的最強だと思ってる右手小指()では

限界があるとわかってきたそんな時

再び楽天のお買い物マラソンがあり、

カメラ機材のついでに買っちゃいました🥺

 

f:id:j-wo-sasagi:20210502160043j:image

 

エチュードのアイシャドウブラシ👀

アイシャドウブラシ、これまで100均やセットでウン百円と破格なブラシしか使ったことなくて、ぶっちゃけ一か八かで購入しました…。

写真ではブラシの筆がバサバサに分かれなさそうだな〜と思い、

一か八かと言った割に

ベース用、細部用、アイライン用の3種類買いました(笑)

 

 

 

 

まず、アイシャドウブラシベース用

 

エチュード  マイビューティーツール310 アイシャドウブラシ(ベース用)」

 


f:id:j-wo-sasagi:20210502131621j:image

これがアイホール用。

アイホール用は特に値段と質が比例しがち。

f:id:j-wo-sasagi:20210502174734j:image

アイホール全体にぬるときの

チクチク感が気になりやすい。

ですが!

エチュードさんすごい…気にならない〜!

しかもちょうどよく

パウダーのアイシャドウを

キャッチ&リリース(使い方絶対違うけど🐟)できたのが感動!!!

アイホールのメイクは、

基本ホワイト、ベージュ系が多いのですが

その色がきちんと分かる。

ピタッとムラなくつけれる、

すごぉい。(語彙力)

 

 

 

2本目は、

アイシャドウブラシポイント用

エチュード マイビューティーツール312 アイシャドウ ブラシ」

 

丸くて平たい形です。

f:id:j-wo-sasagi:20210502175601j:image
f:id:j-wo-sasagi:20210502175557j:image

二重幅、グラデの濃い部分用に使ってます〜

この筆に濃いめにブラウンをつけて

筆をたてて二重の溝にねじ込む←と

えげつなく掘りが深く見える。(こんど実践したのを載せますね)

素手&チップではできない技術がこの筆でできます。簡単に…早く出会ってればよかった選手権1位。

 

3本目は、

エチュード マイビューティーツール320 アイライナーブラシ」

 

 

小さくて丸みを帯びているU字の水槽

彫刻刀でいえば小丸刀←

万能に使えます。

f:id:j-wo-sasagi:20210502181034j:image
f:id:j-wo-sasagi:20210502180949j:image

涙袋のハイライト(ぷっくり感)と

大きめのラメシャドウを的確に置くために使ってます。

右手小指では、ラメシャドウがいろんなところに吹っ飛ぶので痒い所に手が届く一本。

 

 

私がプチプラメイクブラシに抵抗がある理由

 私が安い筆に恐れている点が、

 

 

  1. アイシャドウが筆につかない
  2. まだらについてしまう
  3. 毛先がチクチク痛い
  4. すぐ筆割れる、毛が抜ける

 

 

なのですが、

このエチュードのアイシャドウたち、

500円台でこの4点が気にならない!

むしろアイシャドウを繊細につけれる優等生です😭

エチュード高校時代から使っているのに、メイクブラシじゃなくて

アイシャドウだけ買ってた…

出会うの遅過ぎ…

 

次回、エチュードのアイシャドウとアイシャドウブラシの相性良すぎて泣く

お楽しみに!(笑)