ささぎのブログ

自分らしい暮らしを探求しています

私が写真を撮る意味

ぶっちゃけ、

無断転載が怖い。

 

自分の撮る写真が

自信あるというわけでもない

モデルになってるのが

自信あるわけでもない

 

でも、自分の関わる作品を

一つひとつ

大事にしてる。

 

ここでより、真剣な話をすると

自撮りのきっかけが

今のスタンスに関わっている。

5年ほど前のことだけども

甲状腺に良性の腫瘍が見つかり

甲状腺ホルモンの検査をした。

バセドウ病のホルモン値で経過観察となり

「もしかしたら、

これから顔つきや、体に

変化があるかもしれない。」

とお医者さんに言われた。

病院から戻り、

すぐ

お気に入りの服を着て

写真を撮った。

f:id:j-wo-sasagi:20210328062223j:image

 

すごく覚えてる。

必死だった。

それから、綺麗に見えるようにメイクして

加工はなるべくしないで撮ってた。

 

ちなみに、その後何故か

自然とホルモン値は戻った。

 

そして、今年で経過観察が終わる。

 

 

その経験から

今の自分が

当たり前の自分ではなくなるかも

と感じた。

 

今の当たり前を撮る。

 

自分が死んだ時、

アルバムを整理する家族が

見応えのあるアルバムを残したい

と思っている。

 

 

そんな感じで

美容師さんの作品撮りや

ポートレートに挑戦している。

 

f:id:j-wo-sasagi:20210328062651j:image

 

これからも頑張りますので

ご指導ご鞭撻のほど、

よろしくお願いします。

 

 

 

ーーーーーーキリトリーーーーーーー

 

 

 

 

この世の中で

誹謗中傷や悪用・無断転載で

純粋に楽しみたいのに

犠牲になる人がいる

悲しい思いをする人がいることに

恐ろしさがある。それが怖い。

 

 

まだ私は被害に遭ってないけど

(遭うほど実力がないけど)

 

「もし…」と考えると

自分の責任や

対策能力を後悔しそうだ。

 

実際、私の写真がずっとSNS上にある。

化粧が下手くそで、

化粧についてよくわからない時代の…

自分のアカウントではなく、

音信不通の知り合いアカウント 

運営側には通報したが…

怖いよね…

 

ということで、インスタで

撮ってもらった人、

撮らせてもらった人のために

これからは

作品に影響がない程度に

薄く文字入れします。

 

そんなご報告もかねての

私のこれまででした。