ささぎのブログ

自分らしい暮らしを探求しています

人生初引っ越しで失敗したぁ…!!!!!!!!!という話

更新が数日できませんでした。

その間に引越ししました!!

 

旦那の実家が空くということで、実家に引越し。

家賃は0円になりました!!(*´▽`*)

 

アパートの家賃に共益費、駐車料金高かった…

それに、入居前にガス凍結により故障して

管理会社に連絡してもレスポンスが遅くて

入居したい日ギリギリまで治らなかった。そんなこともあったり。

近所の人が吸い殻ポイ捨てだとか、治安悪かった(´;ω;`)

 

巡り合わせというのは不思議なもので、

義理のご両親の引越し、実家が空き家になり

入籍して…と2~3か月でスイスイ決まっていきました。

 

そして、引越し。

初めての荷物がある引越し

(アパートの時は家具家電揃えて購入、

運送してもらって運ぶ必要なかった)

 

スイスイ…というか、バタバタでした。

恥ずかしいこともしました。

引越しで後悔しないようにと備忘録兼皆様への注意喚起します。

 

 

!!attention!!

①段ボール、梱包材は事前に(2週間前くらいから)揃えましょう。

私の場合、段ボールは1週間前に引越し業者からいただいて

梱包材は1週間前、100円ショップで購入しました。

f:id:j-wo-sasagi:20210125171053j:plain

ぼくにまかせて~

契約時すぐに段ボールをいただくことができるとのことで

それに気づいた1週間前、旦那に連絡をしてもらい

持ってきてもらいました。

引越しトラックの大きさや

その他の家財によって運べる量は違うけど、

最大50箱無料でもらえるそうです。

 

Kタイプのトラック(6畳分の広さがあるトラック)

を頼んで、2~30箱もらい

とにかく必死に詰めました。

プチプチを購入したのですが、引っ越し前日夜8時

”プチプチ足りない!!!!”

 

となり、新聞紙で包み…

f:id:j-wo-sasagi:20210125171102j:plain

元100均店員、秒速で割れ物を新聞に包むのは慣れてます。

コロナ禍のこのご時世新聞紙も衛生的ではないから

包みたくなかったけど、やむを得なく…。

 

 

正直、数日前から使わない食器は片づけておくこと。

梱包材は余ってもいいから多めに見積もって購入しておくこと。

これが大事です。

 

 

②引越し作業の時間帯を何度も確認しましょう。

旦那から「午後イチで来るから。」との連絡を受け

午前中に朝ごはんを食べて準備までに

必要なものを寄せておき、

両親に掃除を手伝ってもらう時間を伝え

準備万端でした!!

 

そして引っ越し当日の朝、7:00

午後イチだからベッドでゴロゴロしていたら

形相を変えた旦那が

「あ、8:30だ…。」

 

起床時の血圧低いものですから

体内の血圧がキューーーーーーっと上がる感覚が…

 

朝食なしでまとめにまとめあげ

引越し作業中も段ボールに詰める結果に…

両親にも迷惑をかけてしまったし。

 

そして、8:30に始まり

終わりが13:00頃。

朝ごはん越えてお昼ご飯だよ…

 

みなさん、きちんと時間確認しておきましょう。

ただの迷惑人間だったと思います。

 

③隅に注意!

洗濯機の隅

冷蔵庫の隅

タンスの隅

ここが知らぬ間に魔窟化していることがあります。

ありました。魔窟でした。

洗濯機の隅には、引越し全日に洗って干す時

落としてしまった靴下2足(柄も色も所有者も違う)

が濡れた状態で当日の朝発見。

引越し業者さんが発見して

見えやすい所に置いてくれた…

とっても恥ずかしい。

どれだけ情けなかったか…

 

冷蔵庫の隅には、

食べ物のパッケージの切れ端や

野菜についてた土

(産直で土付きよく買う方注意!)

とかも冷蔵庫についてる。

 

タンスの隅からは夏に愛用していた

キャミソール(洗濯済)が

業者さんにより発掘…

女もののキャミ持たせてごめん、

しかもさほど可愛くないやつを。

でも、これでパンツなんぞやってしまったら

最悪…😂

 

引越し業者さん来る前に

隅の確認をしておくことをおすすめします。

 

そんな、恥ずかしいことをしたけども

なんとか引越しました。

f:id:j-wo-sasagi:20210125215635j:plain

愛着のある築浅物件…

さようなら。

 

新築ならではの良さ、画期的さをアパートで感じました。

今は寂しい気持ちです。

 

引越し先は、築24年で私と旦那、小瀧望平野紫耀など…

と同じ時代を生きている住宅なので

正直、寒いし壊れているところもあります…

 

 

私が、引っ越しをすると仕事場の自称お姑

ご利用者*1から

「頑張りなさいよ~!」

「ぐっと耐えるのよ、何があっても感情をむき出しにしない!!」

と教えられてきました。ピンとこなくて何のことかと思ったけど

引越しも、旦那の実家に住むのも、

築年数経ってるところを清潔さを保って暮らすことを

ご利用者は経験から仰っていたのですね。

 

さて、これから忍耐?慣れ?修業です。

 

みなさん、楽に引っ越して楽に暮らしてください。

私の屍を越えてゆけ…

 

*1:デイサービスの介護職員やってます!